自己愛(誇大自己、万能感とも言う)の強い人の特徴として、傲慢・ナルシスト・自分の非を認めようとしない、責任転嫁をする、自分は特別だと思い込んでいる、などがある。だが、その本質は自信のなさにある。自信がないことを悟られたり、自覚するのを極端に嫌うので、虚勢を張らずには生きれない人のこと。


『本当は自信がない』

自己愛の強い人間は、しばしば自信に満ちた態度を取る。ただしそれは、自信のなさの裏返しに過ぎない。自分に自信がないので虚勢を張り、他者よりも優れていないと安心できない。なので、自分よりも劣っている人物を見つけて、比較することで満足しようとする(これをマウンティングと言う)。自分の価値を計る尺度が「他者よりも優れている」という相対的な評価でしか計れない。

自分よりも優れた存在が許せない。相対的に自分の価値が脅やかされると感じてしまうので、ホメられている他人を見るだけで嫉妬したり、自分に価値はないと落ち込む。このように自分よりも優れている人物を前にすると、自己批判とも思えるような感情を膨らす。

しかしながら、自己批判している心理状態は辛いので、自分を見つけようとせずに「他者を見下す」「批判する」と言った行動に出る。自分の欠点や恥の感情からできるだけ遠ざかるために、自分より劣っていると思う他者をとことん利用する。

「自分に価値がないこと」を認めたくないので、過剰な自己防衛(相手をこき下ろすか、引きこもる)をしたり、自己正当化をする傾向にある。


『私は特別な人間』

自己愛の強い人は「自分の要望が通るのは当前」「特別扱いされて当たり前」と考える傾向にある。そもそも自分以外の人間は、自分の欲求を満たすためだけにいるとさえ考えているので、幼児のような振る舞いをする。要望が通らないと分かれば、赤ん坊のように駄々をこねたり、王様のような横柄な態度を取る。幼児期に満たされていない自己中心的な欲求が、大人になって残っていることが原因。


『人を見下す』

自分には無いものを持っている人物に出くわしたとき、自己愛の強い人は優越感を確保するために「相手を軽蔑」する。しかしながら、自分が相手を侮辱していると気づいたとしても、その感情を認めようとはしない。なぜなら、自分が妬んでいることを認めれば、自分が相手よりも劣っていることを証明することになってしまうから。


『理想化とこけ下し』

自己愛の強い人間は、他人を理想化しやすい。自分には価値がないと思っているので、理想的な他者を見つけると、自分の無価値感を埋めるために依存をする。自尊心を自分で満たせないために、価値があるように思える人たちに囲まれることで、自分の価値を感じようとする。

ところが、自分が思うような理想の人物ではないと分かった瞬間、散々持ち上げてきたのとは真逆に「こき下ろす」ようになる。勝手に理想化して、勝手に軽蔑するという極端で幼児的な行動を取る。